自分のご褒美タイムを作ろう

仕事先で嫌なことがあると、家に帰ってもストレスを感じるものです。ストレスが慢性化してくれば、「明日仕事に行きたくない」と感じ出すでしょう。こうした嫌な気持ちから逃れるために、職を転々としている人もいるかもしれません。しかし、そのままではどこへ行っても仕事を長続きさせることは難しくなります。

仕事を長続きさせるために大切なのは、ストレス解消です。職場であった嫌なことを上手く頭から引き離すことができれば、ストレスとも上手に付き合うことができます。
こうしたストレス解消で重視してほしいのが、贅沢な時間を持つということ。みなさんは、どういった時間を過ごしている時に「贅沢だな」と感じますか。贅沢と感じる時間は、人によって変わってくると思います。「自分の部屋で好きなアーティストの歌を聞いているのが贅沢」と感じる方もいれば、「好きなものを食べている時間が贅沢」と感じる方もいるでしょう。また、「エステの時間が幸せ」と感じる方もいれば、「お風呂の時間が一番好き」と感じる方もいます。ストレスがたまった時には、それぞれが感じる贅沢な時間を過ごすことが大切です。贅沢とはお金をかけることではありません。今自分が一番したいことを実践することです。

自分へのご褒美として、こういった時間を確保することは非常に重要です。どんな人でも仕事していればストレスを感じるもの。そんな中で、贅沢な時間を過ごして少しでも嫌なことを忘れていくことが出来れば、「今日も頑張ろう」という気持ちに切り替えることが出来るはずです。

こうしたご褒美を繰り返して、自分の中で楽しみができれば、仕事を頑張る動力にもなるはずです。自分自身を奮い立たせるのは自分しかいません。ご褒美タイムをきちんと活用して、上手にモチベーションの舵取りを行うようにしましょう。